1日と一首と1枚
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
苺待機

舞い降りる君を誘導するしごと赤いランプを頭につけて/やじこ

 

台風の到来でなぜか気持ちが凪いできた。

ハッピーアワーを観てから摩耶ケーブルに乗りたいと思っていたけれど、あの付近の怪談を聞いて一気に行きたくなくなった。

雲と熊といっしょに

とけていくアイスを舌でなぞるとき時間は夏をゆっくりうごく/岡野大嗣

 

8月のカレンダーを作りました→『サイレンと犀』カレンダー

夕日とシーソー

人々が孤独な種として暮らす西瓜の中は夕焼けの国/飯田和馬

 

じまさんとバベルの塔を観に行った。暑すぎて、行きは551のアイスを食べ、帰りはセブンティーンアイスを食べた。

蛸と休む

退屈な世界はかなり美しい/竹井紫乙

 

去年の夏も体調が悪かったけれど、今年も体調が悪い。7月いろいろ頑張った気がするので、ほしかった高いスニーカーを買った。

重かったり軽かったり

もてあまし抱えきれない月がでる身の丈にあった服をください/窪田政男

 

東京へジマさんの展示をみにいって、キンプリ応援上映の話をした。秋葉原で真っ黒のチェシャ猫を買いそうなった。

散歩する雲

漂流の過程で旗になりそうな夏雲色のTシャツを着る/鈴木加成太

 

暑くて精神とか魂がばらばらになってる気がする。郵便局のひとが全員アロハシャツだった。

朝までとけない

待つ場所を間違えていたことにする/松田俊彦

 

『しとやかな獣』がテレビでする、やったーと録画して観た。何回観てもおもしろい。映画館だといつもなぜか若尾文子が白い長い階段を登っていくシーンあたりでちょっと眠くなっていた。

流れ星橋

一年にふたり以上は渡れない橋で僕らはまたすれ違う/岡野大嗣

 

妹に電話すると、「猫元気?」「メル(猫)がまた太った。」という会話をもう何年もしてる。太り続けるメル、想像の中では部屋いっぱいくらいに膨張してる。

虹の預言

どうしても避けて通れぬ水たまりだつたのだらう 踏みつけて行く/龍翔

 

犬の夏毛でできたマットがほしい。

乱反射

みんな好きなら私の好きはいらんやろかき氷でつくるみずたまり/北村早紀

 

無花果チャツネのラッシーが飲みたくて、スープストックばかり行ってしまう。