1日と一首と1枚
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
光ったり眠ったりしているものたち

「光ったり眠ったりしているものたち」展

2017.10.7(土)〜11.30(木)

場所:長谷川書店水無瀬駅前店

詩集『光ったり眠ったりしているものたち』の詩(西尾勝彦)とイラスト(安福望)の展示です。

 

☆10月14日(土)19:00からトークイベントあります。

西尾勝彦(詩人)×安福望(イラストレーター)×長谷川稔(本屋)

参加費:1500円(おかむらさんのお茶つき)

※要予約(電話orメールでお願いします)

 

長谷川書店 水無瀬駅前店

住所:大阪府三島郡島本町水無瀬1-708-8

開店時間:10:00〜22:00 (土 21:00 / 日・祝 20:00まで)

電話:075-961-1560 メール:utatanebookss@yahoo.ne.jp

蛸専用信号機

あるんだよどこかに夏のあいだだけ青の時間が長い信号/やじこ

 

『パターソン』のすぐあとに『ダンケルク』を観たので、パターソンの一週間とダンケルクでの一週間と一日と一時間、時間のことをもやもや考えていた。あと『散歩する侵略者』は長澤まさみがだいたい不機嫌で、なんかそれもよかった。不機嫌な女のひとっていいなあと思った。伊藤くん A to Eの木村文乃も不機嫌でいい。

映画館でナチョスを久しぶりに食べたけれど、これぱりぱりうるさいんじゃないかと気になった。予告の間に全部食べた。

風が吹く前

見てごらんあんなに遠くの信号が今青だからもう間に合わないよ/戸田響子

 

じまさんと『ワンダーウーマン』を観て、映画脳になったので『散歩する侵略者』も観た。『散歩する侵略者』、すごくよかった。オープニング、よかったなあ。長澤まさみの、やんなっちゃうなあ、もう!、よかった。愛に転げまわる松田龍平もよかった。黒沢清監督の映画って、19、20歳くらいのときに集中的に観たせいか、洗脳されてるのか、いいところしかみえなくなってて怖い。

昨日の夜はぜんぶ氷に

明け方に製氷皿をねじったら古びた夜のひび割れる音/岡野大嗣

 

伊藤くん A to E、岡田将生きた!伊藤くんにほんとぴったり。怖い。すばらしい。岡田将生の伊藤くんが登場するところ、ここ最近で一番テンションあがった。

あなたが眠くなる温度

こんなに強くきつく抱いてもあなたから青い光が漏れてやまない/目黒哲朗

 

ずっと部屋にはってあるジャック・リヴェットの『恋ごころ』のポスターに射す光で、今だいたい何時なのか判断して起きる。

やさしいくらげたち

かなしいとことばにすればひかりが来るあなたに教えられた通りに/吉野裕之

 

この前東京で、杉戸洋「とんぼ と のりしろ」をみて、ちょっとねて、TOHOシネマズ日本橋で『ダンケルク』をみて、深夜にテレビで『エターナル・サンシャイン』みて、わりとねて、ベルギー奇想の系譜展みて、江戸の琳派芸術展みて、森栄喜「Family Regained」をみて、ブックオフにいき、大丸でN.Y.C.SANDに並んで、まい泉のかつ丼を新幹線で食べた。出光美術館、また行きたい。

夢のなかに馬が交じる

大切なものをなくして馬になる/畑美樹

 

「いや、ごめんなさい、たびたび無神経な言い方をしてしまって。僕は鞠子さんの価値観を否定したくないし、鞠子さんを言い負かしたくもなくて、ただ、鞠子さんの考え方が自分にとってとても新鮮だから、僕の価値観をぶつけてみたくなっちゃうんですよ」

小太郎は正直に言った。

(山崎ナオコーラ『趣味で腹いっぱい』)

 

これこんなちゃんと言葉にできるってすごいな。

おしまいの合図

終わったらバケツの中に差しこんで花火の息の根を聞くのです/ながや宏高

 

『犬ヶ島』の予告をずっとみてしまう。

ころりと氷

きみとただ花火したくてよく冷えた水道水を飲みながらした/岡野大嗣

 

今年の夏、一番口にしたものって、水道水でできた氷で、深夜にやたら氷水を飲み氷を食べた。

虹の適温

夜の虹 行方知れずの友がいる/むさし

 

hontoでいろいろ買ってるうちに、到着に時差があるせいか混沌としてきた。でも安田登さんの能の新書が発売されていてまた注文した。