絵と一週間
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< あかるい寿司 | main | ふとった鰐と赤い傘 >>
まだ終わってない。もっと星

よい仕事も、一杯のお茶も、あぶくも、きれいな私の顔も、ぜんぶこえて、「なる」に向かう。(週刊もともと予報

 

6/17 朝4時頃、月がでかい。窓から見えた。想い出づくり。12話の式場を占拠する話がとてもおもしろかった。この回が最終回かと思った。「戦いの日。」ってタイトルの回だとあとから知った。

6/18 ドッグフードが届く。パッケージに「3種のポエトリー」と書いてあって、詩的なドッグフードやねんなあと思っていたら、「3種のポルトリー」だった。

6/19 スーパーへ買い物。自動販売機コーナーに、セブンティーンアイスがあるので毎回食べようと思いつつ食べ損ねる。

6/20 窓を開けると、裏庭に、猫が入っていくところだった。目が合った。

6/21 『39 刑法第三十九条』を観た。昔観たはずなのに、全く覚えていなくて、主人公の名前が香深(カフカ)でびっくりした。昨日は一匹も見なかったトンボが、5、6匹庭に飛んでいた。

6/22 ハンズで瓶ラムネとさくらコーラを買う。甥っ子と御影にできたジェラート屋に行った。甥っ子は、アプリコットとフランボワーズとミルクを、私は、チョコクッキーとピスタチオとラムレーズンを食べた。アプリコットは、ラムネの味らしい。

6/23 おしんをみていたら、渡瀬恒彦さんが年老いた役で出てきた。この役よりも若くで亡くなりはったなあと思い、寂しい気持ちになった。染子さんが、しゅはまはるみさんにどうしても見えてしまう。似てる。

スポンサーサイト