絵と一週間
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 春の突貫工事 | main | わたしの運び屋の鰐 >>
ふとんにたどりつく

「そういえば愛している」(4月6日のもともと予報

 

4/1 風が強いし、寒いし、冬、と思った。新元号「令和」が発表された。想像以上に、しゅっとしててびっくりした。

4/2 柳本さんが現代詩手帖賞を受賞した。

4/3 今くらいの時期になると、小学二年生のとき、妹と「ときめきトゥナイト」をみている夕方、担任の角谷先生がいきなり家庭訪問にきたことを思い出す。全くしてない春休みの宿題を、角谷先生に怒られながら一緒に少しした。大人になってから、熱心な先生やったんやなあとよく思い出す。

4/4 奈良へ搬入しに行った。人混みで疲れて、祖母用に柿の葉寿司だけ買って帰った。

4/5 一日とくになにもせずぼんやりしていた。フロインドリーブのクッキーが美味しい。『離婚なふたり』をみていたら、カップ焼そばが食べたくなって、食べた。深夜にカップ焼そば食べるの初めてやなあと思いながら食べた。

4/6 期日前投票をして、宅配を出し、スーパーで買い物。春になると、モスのクリームチーズテリヤキバーガーが食べたくなる。夜、「爆弾処理兵 極限の記録」をみた。二回目で、先がわかっているし、ものすごく怖かった。

4/7 『その話は今日はやめておきましょう』が読み終わり、注文していた『トリニティ』が届いた。犬の散歩の範囲内に、1本だけ桜があって、満開だった。

スポンサーサイト