絵と一週間
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< まちがった星 | main | ふとんにたどりつく >>
春の突貫工事

バスのなかでユニコーンのチャームをたくさんつけてねむってるひとの話をきいた。ゆめが漏れだしているようなかんじでねむっていたという。(3月30日のもともと予報

 

3/25 レトルトの旧ヤム邸カレーを食べて、『カリートの道』をラスト30分だけ観た。

3/26 生ハムとカマンベールチーズを買って、パンにはさんで食べた。ラジオ深夜便の佐治晴夫さんの話がとてもおもしろかった。星をみるのと短歌を読むのは、同じ感じだなと思った。

3/27 スパルタローカルズ『underground』を買った。かっこいい。スパルタローカルズのおかげで、絵を描くのが捗る。

3/28 妹と毎年恒例のオリエンタルホテルのバイキングへ行った。クレープがおいしくて、二枚食べた。桜はまったく咲いていない。桜の絵のためにピンクの色鉛筆を買った。ラジオ深夜便で気になった『詩人のための宇宙授業』を探したけれどなかった。

3/29 父が掘ってくるタケノコ、毎年楽しみにしていたのに、今年は猪が全部掘り起こして食べてしまったらしい。

3/30 お椀で食べるカップヌードルを食べながら、まんぷくの最終回をみた。トイレのドアノブが新しくなって、ぴかぴかすぎて知らないドアノブに見える。

3/31 スパルタローカルズの「GOD」の、「ただ哀しみを乗り越えて暮らして行く」のところがとても好きだと思った。

 

スポンサーサイト