絵と一週間
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< しっぽから春 | main | 春の突貫工事 >>
まちがった星

なんか、今いるこの星ちがう、(3月22日のもともと予報

 

3/18 誕生日だからと、夜中にチーズケーキを食べ、コジヤジコさんの『まくらからくま』を予約した。

3/19 髪を切りに行って、『女王陛下のお気に入り』を観た。おもしろかった。夜、『死刑台のエレベーター』を観た。

3/20 犬が9歳になり、そういえばお菓子見せても、あんまりジャンプしなくなったなあと思った。

3/21 甥っ子と妹と鐡道カフェでカレーを食べて、家でロボとーちゃんをみて、TeToTeでミキテライさんの展示をみて、帰った。甥っ子と手をつなぐと、もうちょっとぎゅっと力を入れて、と言われる。夜、霧がすごくて、犬の散歩が夢っぽい感触だった。

3/22 『キツツキと雨』、久しぶりにみた。何回みてもとてもいい映画。黒田硫黄の『茄子』の映画撮影の話が読みたくなった。いつも行くスーパーの雑誌コーナーに少し漫画があって、『セクシーボイス&ロボ』がこの前あった。復刊されたのかあってぼんやり思い、帰って確認したら2016年発売だった。あのスーパーの片隅にずっとあるんだろうか。

3/23 犬のしっぽの毛の毟れてるところに薬を塗り始めたが、しっぽは血行が悪いし、たぶんこのまま、と妹に言われる。

3/24 ラジオ深夜便の絶望名言「小泉八雲」を聴きながら寝る。

スポンサーサイト