絵と一週間
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< クマの寝言 | main | 夜のふわふわ >>
それ以外のほしいもの

愛もひととおり過ぎたあとの「なんか」(1月25日のもともと予報

 

1/21 細馬宏通 チェルフィッチュ再入門「人はいかに幽霊になるのか『部屋に流れる時間の旅』のこと」がとてもおもしろかった。まんぷくの正月の風景をみて、こどものころの母方の祖母の家を思い出した。母は7人兄弟なので、正月集まると狭い家がぎゅうぎゅうだった。

1/22 プレミアムカフェのアジア犬紀行でいろんな犬をみる。サプサリ犬が気になった。ラジオ深夜便の倉本聰さんのインタビューを聴きながら寝る。しもやけをヒルに治してもらう話や韻律の話をしていた。

1/23 相棒が怪談回だった。倉本聰さんのインタビュー二回目を聴きながら寝る。ねっこの話をしていた。

1/24 『ノーラ・ウェブスター』がもうすぐ読み終わりそう。ノーラの「わたしの目の前を通るひとをすべて呪ってさしあげるわ」の台詞が好きだ。

1/25 犬に起こされる。頭がいたくて具合が悪い日だった。犬と散歩をなんとかして、ねた。夜中にヒッチコックの『鳥』をみた。何回みても、ラストの玄関から車に乗り込む時に見る、光の射している風景がいいなあと思う。

1/26 雪が降った。雪の中犬と散歩した。犬は、積もらないと雪を雪として感知できないらしい。神戸新聞で読んだ小池昌代さんの股旅日記、”つかの間、何もかも忘れて坂の上にたつ。私は「夕焼けぐるい」なのだ”がとてもよかった。

1/27 「美の庭の朝」をみて足立美術館に行きたくなった。

スポンサーサイト