絵と一週間
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ねむってしまう火 | main | わたしのための幽霊 >>
ちょっと歩けばわすれそうな日

なにかが希望のようにまちがって、どんどんながくなっていく。(1月2日のもともと予報

 

1/1 みんな眠ってしまったので、新・映像の世紀を一人でみた。朝三時くらいに父が神社から帰って来た。朝、年賀状の束と一緒に注文していた樋口由紀子句集『めるくまーる』が届く。開くと「ちょうど来た鯛 ちょうど来る正月」の句から始まっていた。モリス氏がきて、犬の健康状態を診てくれた。やっぱり太り過ぎと言われる。しっぽの毟れてるところは、よくなってるようでよかった。セールで、マリメッコの靴下を4足買った。

1/2 なんかどこに並んでいいのかわからない夢をみた。階下から聴こえる甥っ子の足音で起きる。座敷童の気配ってこんなかんじかなと思う。空気階段っていい名前だなあと思った。

1/3 『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』を観た。最後、名前の話になっておもしろかった。

1/4 犬と散歩に行ったら、犬が「くーちゃん」という名前の犬と間違えられた。『奇跡』を観た。何回観てもいい映画だ。

1/5 刑事コロンボ「秒読みの殺人」をみた。これは犯人を応援してしまう。最後に「私、負けないわ。闘って生き残ります」と言っていた。そして、今回もコロンボの愛犬がかわいい。テレビが好きなんだなあ。

1/6 でかいコンブみたいな鞄を買いそうになる。

スポンサーサイト