絵と一週間
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 夜の近道 | main | 嫉妬かどうかは、わからなかった >>
閉じこめられたライオン

いつどこでだれといたって伸びる髪(12月1日のもともと予報

 

11/26 ホームセンターで犬のあったかマットを買う。『グレート・ゴースト〜偉大なる幽霊たち〜』を見そびれてとても後悔している。

11/27 『ONCE ダブリンの街角で』を観た。なんか画像が荒いなと思いつつ観始めたけれど、めちゃくちゃいい映画だった。素直に感動した。

11/28 相棒が新聞歌壇の回だった。次週の呪いの回も楽しみ。

11/29 シュトーレンが食べ終わってしまったので、タカキベーカリーのシュトーレンを注文した。サイレンと犀が5刷に!すごい。

11/30 10時に近所で火事。消防車がたくさんきて、道路も封鎖されていた。陶芸の作業場が焼けたらしい。陶芸してるひとがこんな近所にいるなんて全然知らなかった。夜になると、厄払いの儀式があると父が神社にでかけた。厄年の男のひとが30キロ分の餅を投げて、来たひとが餅を拾って帰るらしい。深夜1時半に近所のおばさんが、拾った餅を持ってきてくれた。

12/1 12月になった。八上桐子さんの「でたらめな呪文でひらく十二月」の句を思い出す。

12/2 『エド・ウッド』を観た。昔、『プラン9・フロム・アウタースペース』を扇町ミュージアムスクエアで観たことを思い出した。たぶん、扇町ミュージアムスクエアで最後に観た映画が、プラン9だった。初めて観た映画は『ハンネス、列車の旅』だった。

スポンサーサイト