月曜日の日めくり
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 大きい桃と小さい花火 | main | 猫から、遠さと近さの詩をまなぶ >>
この星にわたしたちはいる

星のようにひかる妥協点を。そうして、それを、つづけてゆく。(8月12日のもともと予報

 

8/6 日曜にこの夏一番暑い散歩かもしれない、と思っていたら、今日は風があって涼しかった。風があるってすばらしいと思った。

8/7 台風の影響か風が強くて涼しい。『パディントン』を観た。ニコール・キッドマンが美しいし、やっぱりとってもおもしろい。『選んだ孤独はよい孤独』を買った。

8/8 血液型ZONEの怪談回を聴く。幽霊がダークグレーの話と人差し指の守護霊の話が頭に残った。風が強くて涼しくて、犬の機嫌がよく、日曜日のような時間の流れの日だった。

8/9 『河童の三平』読み終わる。泣く。夜、テレビで、砂嵐で群れからはぐれる象の親子をまたみた。

8/10 『魔法にかけられて』を観た。エイミー・アダムスがかわいい。『幕末太陽傳』も観た。芦川いづみがかわいい。

8/11 広場で盆踊りしていた。

三人とも、大して生産性の高い活動はしていなかったが、それでも生物として精一杯に生きて、世界の雰囲気づくりの一端を担った。夕方の散歩をしていると、「それで十分」と思えた。(山崎ナオコーラ「趣味で腹いっぱい」)

こういう気持ちに犬と散歩してるとなる。

8/12 たまたまみた高校野球がとんでもない試合だった。ペルセウス座流星群、二粒だけ流れるのを見た。

スポンサーサイト