月曜日の日めくり
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 七月の風の道を | main | 大きい桃と小さい花火 >>
思い出されるのをまってる

うしなうことはいいことなのだよ、ということばも、いったりきたりする。(今日のもともと予報

 

7/23 パソコンをさわっているとき、蜘蛛が目の前にすーっと降りてきた。橋口監督の『「まっすぐ」』をぱらぱら読んだ。

「三島(由紀夫)読みなさい。歌舞伎見なさい。オペラ見なさい。バレエ見なさい。あんたは、一度映画を選んだんだから最後までおやんなさい。水を飲んでもいい。盗みを働いてもいい。最後までおやんなさい。あんたはやれる」

淀川長治さんの言葉、強い。

7/24 科捜研の女の再放送をみていたら、松原タニシさんが出てきた。

7/25 夕焼けがすごかったらしいのに寝ていた。起きて犬の散歩。暑すぎて、諸星大二郎の死体をなかったことにする話を思い出したりした。

7/26 老犬を抱えて電車を待つ夢をみた。夢のなかで、岡野さんの老犬を抱えて帰る短歌みたいやなあと思った。

7/27 夕立があって涼しくなった。犬と散歩中、サギが道を歩いていて、車が通りすぎるのを待っていた。

7/28 台風が近づく。

7/29 午前4時半、雨風がすごい。犬はぐっすり寝ていた。『寝ても覚めても』を少しずつ読む。映画公開までに読み終えたい。

 

そのとき、目の前のすべてが、過去に見えた。モニターの中ではなくて、外に広がる、今ここにあるものこそが、すべて過去だった。(柴崎友香『寝ても覚めても』)

スポンサーサイト