月曜日の日めくり
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< とてもそぼくで、ありきたりで、ものすごくふつうの、ほっとしたもの | main | 七月の風の道を >>
魔法にかけられたようにねむい

「わたしは文学のいいところは、善悪にゆらゆらしてるとこだとおもう。」

今日のもともと予報

 

7/16 今年ヤモリをみてなくてなんか不安。と思っていたら、夕方、姿を現した。

「低級の魔法使いに魔法をかけられて、この夏、ずーっと、うとうとするのもいいなとおもった。」

今日のもともと予報

 

7/17 もらったシソジュースが美味しい。水分の取りすぎなのか、足がむくむので、マッサージの動画をみてマッサージした。足の裏を肘で押すのが気持ちいい。

 

「神様はたぶんひとりひとりにいろんなものをさずけてくれたけれど、わたしには見えないてすりをくれた。」

今日のもともと予報

 

7/18 犬の散歩中、炭酸水で割ったシソジュースと同じ色の空と、たまったほこりみたい雲だった。

 

わたしは電話でいう。「きょう、わるいことをしてきたんです」と。

今日のもともと予報

 

7/19 連載の絵を描くのに精一杯で、メールをみるのもできなくなってきた。

「旅行代理店できちんとしたツアーが組まれたみたいに、愛と呪いはパックになる。」

今日のもともと予報

 

7/20 ほんわかテレビに吉田会長が出ているのをみた。一行怪談漢字ドリルは甥っ子にプレゼントしたい。

「そうか、わたしは詩を読みにいくんだなとおもった。なんかたぶん、しなないために。」

今日のもともと予報

 

7/21 家の近所の蓮畑をみたら、まだ蓮が少なくて、畑の淵にしか蓮がなかった。真ん中はぽっかり空いていた。

「ここもひとつのはじまりだからそんなに暗くならないで」

今日のもともと予報

 

7/22 口内炎パッチを初めて使った。BSでバットシェバ舞踊団 「ラスト・ワーク」をみた。すごくおもしろくて、最初からみればよかったと後悔した。

スポンサーサイト