月曜日と一枚
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 五月の風の道を | main |
鹿と塵

「はい」の後

/柳本々々

 

5/7 ブログ始めて8年になった。10年したら、10年日記買おう。夜、雨がやんだので犬と散歩。

5/8 『岸辺の旅』を観た。最初、深津絵里の顔がなかなか見えなくて、深津絵里が幽霊のように見えた。『散歩する侵略者』では宇宙人になって夫が帰ってきて、『岸辺の旅』は幽霊になって帰ってきて、『メッセージ』も思い出して、女のひとは未知のものとコミュニケーションとるのがうまいのかもしれない。

5/9 いろいろ観たい映画や展示があるのに街に行く元気がない。mixiが必要になり、自分のはもうないので妹のを借りる。名前を「姉が使用中」にして使わせてもらう。

5/10 テレビみてたら「次やればうまくいくかもしれない」と役所広司が言っていた。

5/11 カーネーション、お母ちゃんが朝、イブニングドレスで踊るところがめちゃくちゃよかった。

5/12 ツバメが家の中に入ってきて、てんやわんやした。『その話は今日はやめておきましょう』ってタイトル、すごくいいなあと思っていたら、Siriで遊んでいてSiriが答えた言葉だと井上荒野さんがつぶやいていた。

5/13 『後妻業の女』を観た。「趣味は、読書と夜空を見上げること。」大竹しのぶに釘づけになった。スーツケースからはみ出た髪の毛を切るシーン、なんか頭に残る。

 

幸福の議論では「幸福という状態」のことと「幸福になるための方法」のことがしばしば混同される。たとえば「一人になることで幸せになる人」がいる一方で、「たくさんの人の中にいることで幸せになる人」もいる。これは「幸せのための方法が人によって違う」と考えるべきで、「幸せ」自体が人により違うのではない。(矢野和男『データの見えざる手』)

『データの見えざる手』をぽつぽつ読んでいて、これ勘違いしてたなあと思った。

スポンサーサイト