月曜日の日めくり
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< さよならをいった瞬間、いまちょっと眼がさめました。 | main | 立夏 >>
本体に付いた付属品のような日

つかれたよ つつじの蜜に致死量があるならここで休めるのにな/岡野大嗣

 

4/23 メッセージのサントラがよかったので、『オルフェ』も買い、「A Pile of Dust」に感動する。激レアさんの御成座回おもしろかった。いつかシネマルナティックに行きたいと思っていたけれど、御成座も行ってみたい。

4/24 一日雨で犬の機嫌が悪かった。『じっと手を見る』を読んでいると、いつ死ぬかわからないのにみんな毎日生きていてすごいという気持ちになる。

4/25 家のまんまるのつつじが満開。kiwandaのSUMIREソックスがかわいくて買う。『犬ヶ島』の前売券(フィギュア6体セット付き)も買う。

4/26 本と雑談ラジオ第62回を聴いて『フリーランス、40歳の壁』を買った。犬のぬけ毛が凄まじくなってきた。泉の広場がなくなるようで、昔、扇町ミュージアムスクエアへ行くときに泉の広場から地上へ出ていたので寂しい。

4/27 南北会談で、再放送のカーネーション、古畑がなかった。犬に足を噛まれたので、足をあげて湯船につかる。自分の足を久しぶりにまじまじ見た。中学生くらいのときは、暇さえあれば、太いとかO脚とか思いながら、自分の足を見ていた気がする。

4/28 立夏の絵を描いた。これで越田クリニックさんの連載の絵は残り1枚に。甥っ子がやってきたので、ドラえもんとスヌーピーを一緒にみた。犬がすべって転んで右後ろ足を痛めたようでしょんぼりしている。

4/29 『じっと手を見る』読み終わった。よかった。とてもよかった。窪美澄さんの小説で一番好きかもしれない。

 

「僕はまた誰かを好きになることができるかな」

「さあ……」

「さあ、って。……冷たいなあ」そう言って俊太郎さんは笑った。

「自分のことだってわからないし」

「わからない、わからないと言いながら、女の人はいつだって大胆なことをするじゃないか。本当に僕はわからない」エレベーターの扉が開く。(窪美澄『じっと手を見る』)

 

最後の方にちょっと出てくる俊太郎さんとの病院での会話が好きだった。寝る前に読むのにぴったりの本だったので、次なに読むか悩む。

スポンサーサイト