月曜日の日めくり
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 誰も載っていない本 | main | 本体に付いた付属品のような日 >>
さよならをいった瞬間、いまちょっと眼がさめました。

「ほろびるの?」鯨から電話が掛かってくる/柳本々々

 

だからこそ大人たちは、〇にあこがれつづける。シンプルで、ミニマムで、歪みも途切れもなく、満ち足りた〇に。(宮地尚子『傷を愛せるか』)

 

そう、ねむることは、完璧な○になることです。(柳本々々『夢八夜 最終夜 こんな夢を見た!(或いは遙かなるおふとんジャーニー)』)

 

たまたま読み返した柳本さんのアパートメント連載のにも〇が出てきた。『メッセージ』のヘプタポッドの文字のことも思い出して、『メッセージ』のサントラを買った。

絵が描けないので、竹林さんのミ來週報みたいに更新していこうかと思う。何のために何を記録してんだろうと思うけど、習慣になってしまうと記録し続けるしかない、になる。

スポンサーサイト