1日と一首と1枚
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 甘くてやわらかいけど痛い | main | 麺の旅2017 >>
次の星まで

老犬を抱えて帰るいつか思い出す重さになると思いながら/岡野大嗣

 

この短歌、『スローターハウス5』の老犬を抱えて階段のぼるシーンを思い出す。

 

吉田昌生さんの『こころが軽くなる マインドフルネスの本』の表紙や中のイラストを描きました。

ちょうどマトリックスを久しぶりに観たところで、この本とつながるところが多いです。

スポンサーサイト