1日と一首と1枚
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
大きくて見えない

すごく好き夜にまぎれて見つめてる/竹井紫乙

 

『散歩する侵略者』をもう一度観て、パンフレットを買った。『散歩する侵略者』の宇宙人は姿が見えなくて、その目に見えない宇宙人が目に見えない概念を集めるっていうのになんか納得させられる。

NHKのAIの番組がおもしろい。その番組でも概念の話をしていて、『散歩する侵略者』の宇宙人ってAIみたいだと思った。

夏が終わっても怪談への興味がなくならず、引き続き怪談を聴いてる。AIと幽霊が気になる。

散歩するふたり

あたしたちだんだんふたりになるじゃない どうしたらいいのどうしたらいいか/柳本々々

 

「そうよ、鞠子ちゃん。よくわかっている。祈りよ。みんな気がついていないけれど、実は祈りによって生活はできているのよ、はっはっは」

金氏さんは笑った。

(山崎ナオコーラ『趣味で腹いっぱい』)

新聞小説って、いつも途中で挫折するのだけれど、今回は最後まで読む気がした。

夏の群れ

夏が去って夏じゃなくなるほんとうに呼んだらほんとうに来てくれる?/佐伯紺

 

西岸良平、ホラー漫画もあるって、吉田会長のラジオで初めて知った。西岸良平の絵が小さい時からとにかく怖くて、今でも一番怖い絵で、できるだけ西岸良平の漫画は目にしないようにしていた。父親の本棚に一冊だけあったあの西岸良平の漫画は、たぶんホラー漫画やったんやろうなと思った。

それぞれの神様

運命の糸をコップに貼り付けて言葉を交わす連絡手段/宇野なずき

 

トークイベントの打ち合わせに長谷川書店さんに行った。なんかすごい本屋らしいと聞いていたけれど、ほんまに変でおもしろかった。小宇宙のような。詩人の西尾さんから、石が置いてありますよって聞いていて、棚をみたら、ほんまに本といっしょに置いてあった。堂園さんの歌集と一緒に置いてある白い石がちょっとほしくなった。堂園さんの歌集もそうだけど、西尾さんの昔の詩集とか品切れで手に入らないはずの本が普通に売ってる。「きのこポストカードブック」を買った。

復元

写メでしか見てないけれどきみの犬はきみを残して死なないでほしい/岡野大嗣

 

犬が、一日一回は嚙むおもちゃを噛んでるところを見てほしいようで、いつもだいたい犬の就寝前に、珈琲を飲みながら見てる。

綿菓子の木

わたしには世界を包むひと言が見つからないが「怖い」と言へり/目黒哲朗

 

坂崎千春『片想いさん』を読んでる。すごくいい。だいぶ前に、いいですよって聞いていて、そういえばと思って買ってよかった。バウルーがほしくなる。

気持ちだらけ

散髪の帰りの道で会う風が風のなかではいちばん好きだ/岡野大嗣

 

『皆殺しの天使』、映画館で観たい。

「僕は怖くない」を聴いていたら、吉田会長が幽霊のことを愛にたとえて説明していて、それがなんかとてもよかった。

ぼくは怖くない

水たまりを避けて角のある少女に尾いてゆく夏の絵日記/山下一路

 

HINTOの『SUMMERGAZER』いいなあ。

あたたかい虹

ほんとうの恋をしたから夏蒲団陽に当てるだけの日常でいい/田中雅子

 

須磨海岸の、一軒だけ設置された、がっしりした売店が気になる。電車からだと裏側しか見えなくて、浮き輪だけはみ出して見えてる。

星のなかの星

街灯のつもりでみてた丸い月がそうとわかってからふくらんだ/岡野大嗣

 

10月のカレンダーを作りました→サイレンと犀とカレンダー