1日と一首と1枚
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
苦かったから春じゃない

もし春がフルーツドロップだったならきっとレモンの味だと思う/山上秋恵

 

『レスラー』を観た。また続ける話だった。『レスラー』、すごくよくて、好きな映画だった。でもだから最後、ちょっと待ってって引き留めたい気持ちになった。「やるべきことを」って台詞はほんとにかっこよかった。

スーパーペーパーフラワー

春だから母が掃除機かける音聴きたくなって耳をすませる/岡野大嗣

 

カルテットが終わってしまった。一話目みた時、続けるのは地獄って思ったけど、最終話に出てきた手紙でやめるのも地獄と思った。

やさしくひっぱると大丈夫

こうするとぶらさげられる春ですよ/柳本々々

 

KIKKOUのブローチを買った。どの色にするかすごく迷って、これはたぶんそのうちもう一つ買うと思う。

たんぽぽショック

春が来る断続的に気絶する/竹井紫乙

 

夜中にお腹が空いて、塩パンだったら食べてもいいような気がして躊躇なく食べた。

どろぬまバター

春のバターは柔らかいから幸せと勘違いしてしまいませんか/きつね

 

深夜、葉書を出しにポストまで歩いたら、思っている以上に外は春の空気だった。サボテンに水をあげた。

花瓶の番人

ぼくがこわせるものすべてぼくのものあなたもぼくのものになってよ/木下龍也

 

展示で販売するハンカチやトートバッグや缶バッチの発注で一日終わる。

すべて食べてから返事して

花粉症デビューみたいに今年から突然ぼくを好きになってよ/岡野大嗣

 

誕生日プレゼントに文鎮をもらった。

宇宙たんぽぽ

春までの距離を測っている人のように歩数をかぞえて進む/田中ましろ

 

火花、おもしろいなあ。最初からみればよかった。いとし・こいしさんのとこがよかった。ブロークンフラワーズをみて、フレッドペリーのジャージがほしくなったけど、火花にもフレッドペリーのジャージが出てくる。

春の窓辺

あたらしい明日があなたにくるようにぼくはかうして窓をあけてゐる/中山明

 

世界文庫アカデミーから帰ってきたら、本が100冊届いていた。

眠ったあとに届く手紙

今どこにいますか何をしてますかしあわせですかもう春ですか/たきおと

 

毎年春になると瀧音さんのこの短歌に絵をつけていて、今回で4回目になった。