1日と一首と1枚
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
たんぽぽが光りだすまで眠る

ポケットに入れた切符がやわらかくなるまでひとり春を寝過ごす/岡野大嗣

 

『ショートショートの宝箱』、『ショートショートの花束 9 』を買った。宝箱に工藤玲音さん、花束に宇野なずきさんが載ってる。

しずかなめまい

出ておいで桜はみんな散ったから/松田俊彦

 

この前やっと奈良のカウリさんに行った。近鉄だと平城京跡の原っぱの風景がめっちゃよかったので、次も近鉄で行こうと思った。

狼と嵐

すごい雨とすごい風だよ 魂は口にくわえてきみに追いつく/平岡直子

 

4月、展示もあったし毎週なにかしらすることがあって、疲労がピークで、耳が腫れた。

花びらはかさぶたにならない

咲きながら散って流れてゆく桜ちいさな春の傷口として/若草のみち

 

若草のみちさんのブログの「あなたが忘れた道であなたに会う」って、めちゃくちゃいい。西崎憲さんすごいな。

夢の中にも咲く桜

ひとつだけ満開の桜があって願いが叶うような気がした/檀可南子

 

久しぶりにケンタッキーに行ったら、ポテトが謎の形になってる。マトリックスのスプーンがうにょんってなるところを思い出させるくらい不思議な形だった。

勢いのある天国

二回目で気づく仕草のある映画みたいに一回目を生きたいよ/岡野大嗣

 

展示が終わってひたすらぼんやりしてる。

新大阪で、551の豚まんを16個持った柳本さんと、ananに載ってる木下さんの記事をみたこととか思い出す。

雲の上にレジャーシート

あの世から見える桜がどの桜より美しくありますように/木下龍也

 

桜が散る前に窪美澄さんの『やめるときも、すこやかなるときも』を買えた。

春だけの宅配便

完璧な春になるまであとひとり/なかはられいこ

 

「あなたのことはそれほど」ってホラーなんやろうか。漫画をちらっと読むと、モリス氏そっくりの人が出てきてびっくりした。

夜が隠れる木

人間の声を桜にあたえたら「ああ。」と漏らして君へ散る朝/飯田和馬

 

土曜に柳本々々さんと展示会場でトークをした。柳本さんはツイッターの御前田あなたさんそのままのひとでちょっと感動した。

【短詩時評39話】安福望さんと柳本々々で個展「詩と愛と光と風と暴力ときょうごめん行けないんだの世界」でギャラリートークとして話したこと/やぎもともともと

日曜のやせねこ

【日曜のやせねこ】

日曜濡れるやせねこを

見つけ誘えば鳴きますか

ほら白い雲あと追って

ムーンへふわり夢の旅

 

にちようぬれるやせねこを みつけさそえはなきますか ほらしろいくもあとおって むーんへふわりゆめのたひ

 

いろはねこ曜日/コジヤジコ

 

海原やすよ・ともこがコストコで買い物するだけの番組を見てるうちに日曜が終わる。